• 桃太郎ジーンズ
    • コンセプト
    • BASIC COLLECTION
  • JAPAN BLUE ジーンズ
    • コンセプト
    • ラインナップ
  • デニム着物
    • コンセプト
    • ラインナップ
    • 着付け方
  • 本藍手染め手織りジーンズ
  • 藍染め
  • 桃太郎ジーンズオンラインショップ
  • 藍布屋オンラインショップ
  • デニム着物
  • 鶴の工房

本藍手染め手織りジーンズ

藍布屋の青(藍染色)=この色は、真鍋自身が職人として工房にて構築した色で、メディアでも「ポルシェの赤」と同時に、日本の色として「藍布屋の青」が選ばれました。

今や世界の高級デニムの産地となった岡山の、技術とモノ作りを構築した第一人者である真鍋が原綿の選定から染め、織り、縫製、加工の全ての工程において、自社の工房と工場で自らがこだわり抜いて作ったジーンズが桃太郎本藍染ジーンズです。

夢の色

頂上を極めた芸術的なジーンズ

メイン素材は自社内の本藍染め工房にて、天然藍葉を発酵させてつくった『すくも』を使い、灰汁と日本酒、石灰を使って発酵させる『灰汁建て』で藍を自然発酵させ、手間隙をかけつつゆっくりと手で染め上げたジンバブエコットンを使用し、世界にたった2台(当社)しかない本格デニムの手織り機によって1日に80cmずつ織り上げたデニムです。天然藍でしか味わえない美しい青、手織りでしか味わえない素朴感、純銀製の釦や本藍染めの刺し子にハンド刺繍を施したパッチなど、まさに至高のジーンズです。

※仕上げはミネラルをたっぷり含んだ瀬戸内海の海水と同じ成分のマリンエッセンを使用した製品ワンウォッシュです。

ジーンズ写真

ジーンズ写真

ジーンズ写真

ジーンズ写真

ジーンズ写真

ジーンズ写真

ジーンズ写真

ジーンズ写真

本藍手染め

日本において江戸時代末期に隆盛を極めた藍染めの中で、その品質の良さから正藍と呼ばれ全国各地で珍重されていたのが阿波正藍。

 しかし、近似した色でコストも大幅に安く、大量に染めることの出来る合成藍の出現や、後継者不足などにより、手間暇のかかる天然藍による本藍染めによる製品は世界的にも日本でも激減して行きましたが、当社は今でも伝統の技に拘り続け、日本独自の青(藍色)を追求し続けています。

本藍染めの原料は江戸時代から変わらない方法で、葉藍を石の固まりのように加工した「すくも」に石灰、灰汁など加えて液体にし、職人の五感と経験により清酒、糖分などを加えながら調整しながら染め上げています。

ジーンズはアメリカで誕生した時から合成藍による機械染めでした。

この手法は染色と言うより糸の表面に染料を付着させているだけなので糸の芯まで染まらず中白になり、結果表面の擦れた部分の染料が落ちて行くことによってタテ落ちとなりますが、手染めは「染める」「絞る」「天日乾燥」の工程を時間を掛けて職人の手で行うことによって糸の芯まで完全に染め上げます。

従って洗濯による色落ちも少なく、調和の取れていない色のみが落とされ、時間と共に藍本来の深みのある青色を醸し出します。

ジーンズ写真

手織りデニム

ジーンズ写真

人の手が織りなす至高の本藍手染め手織ジーンズ(世界で1本のジーンズ)を作る為に、2002年に開設した鶴の工房には、世界に2台しかない独自の手織機を開発してデニムを織っています。

手織デニムは1日8時間織り続けても80cm程度しか織れないのでジーンズ1本分を織り上げるのに約3日かかります。

織機に掛けた糸のテンションも晴れの日と雨の日とでは張り具合が全く違い、気温の高い暑い夏と、寒さの厳しい冬とでは、やはり糸の具合が変わってき、そんなデリケートで、さらにヘヴィーオンスのデニムのヨコ糸を力強く均等に打ち込む技のコツは「リズム」。

テンポよく一定のリズムで打ち込み続けられたデニムは、機械の力で織られた生地に比べ、綾目の詰まりも緩やかではっきりとした凹凸があり、類を見ない温か味を醸し出します。

ページトップ