• 鶴の工房
    • 手織りデニム
  • 純国産ジーンズ
    • ジンバブエコットン
    • こだわりの織り
    • 縫いへのこだわり
  • 桃太郎ジーンズオンラインショップ
  • 藍布屋オンラインショップ
  • デニム着物
  • 鶴の工房

こだわりの織り

ヴィンテージデニムに欠かせないないのがセルヴィッチ(耳)付きのデニム。
シャトル(旧式力)織機と呼ばれるヴィンテージの織機で織ったモノのみの証です。1785年にイギリスで発明、わが国では1897年、豊田佐吉(トヨタ自 動車創業者の実父)によって開発され、国産ヘヴィーオンスデニムが生産されていた当時は、現在では製造されていない「TOYODA」製自動織機が主流で活躍していました。

デニムの大量生産化によって姿を消していったこの旧式力織機に今尚こだわり続け、世界一のデニムを目指している職人さんと共に 桃太郎ジーンズのデニムは作られています。
本物のデニムはただ「耳」が付 いていればいいと言うものではありません。
ヘヴィーオンスのデニムを出来るだけ糸にテンションを掛けずにコットンの特性を損なわず素朴な風合いに 織り上げるためには、厚物専用で良質な「重式力織機」のみの厳選から始まり、織りのスピードを極力落として丁寧に織り上げる職人技術によって、初めて平面的ではない凹凸のある「本物」のデニムができるのです。
原綿の選択、ムラ糸形状、染め、織り、全てにおいて拘り抜いて作っているからこそ、桃太郎ジーンズの絶妙な穿き心地と色落ちを可能とさせているのです。

ページトップ