• 鶴の工房
    • 手織りデニム
  • 純国産ジーンズ
    • ジンバブエコットン
    • こだわりの織り
    • 縫いへのこだわり
  • 桃太郎ジーンズオンラインショップ
  • 藍布屋オンラインショップ
  • デニム着物
  • 鶴の工房

縫いへのこだわり

本物のデニムを本物のジーンズへと仕上げて行くために、ヴィンテージの特殊ミシンもまた欠かすことができません。
国産ジーンズ開拓時代、本場アメリカでジーンズ製造に使用されていた「ユニオンスペシャル社」の機器など生産設備が大量に輸入されていましたが、1970年代後半には国産のものが主流となり姿を消しました。量産が可能となった国産ミシンは、構造が異なるため、特に裾や巻き縫い部分の独特のネジレやパッカリングなど、デニム同様経年の変化に違いが出ます。
桃太郎ジーンズでは、この本物のネジレやパッカリングが味わえるように、国内に現存するユニオンスペシャル社製ミシンを掻き集め、熟練の職人によって本物のジーンズを縫い上げています。

自社工場で働く機械ミシン

児島味野本店となりにある自社工場(桃太郎縫製工場)では、一本のジーンズを縫製するために独自にそれぞれ改造したオリジナルミシンを整備し毎日製造しています。

ページトップ